3つの原則を学ぶだけで、喉を傷めず、楽に遠くまで響く美しい声で、末長く歌えます♪高齢者であっても、Tre-Bシステムの発声練習で合唱をすることも、歌うことも、80歳を超えても十分に可能です。声楽レッスンや合唱レッスンを日本全国(東京、大阪、名古屋、神戸、京都、横浜など大都市に限らず)で声楽を習え、練習もどこでも可能。クラシック音楽が趣味で、声楽がまだの方は、こちらから声楽を時間を気にせずトレーニングし始めてみてください。ネット上なら手軽にハードルが高そうな声楽の習い事も始められます。

田川理穂のネット声楽レッスン教室

腹式呼吸

喉を健康に保つために(*^_^*)

2016/9/6  

ある合唱団のソプラノの方から、最近ずっと喉の調子がふるわず、声がかすれます。歌ったほうが良いのか、どうしましょう。それと、 『喉を健康に保つ何か』『こうしたほうがいい』 みたいなアドバイスいただけます ...

体の重みを…

2016/6/6  

私たち声楽をするものにとって、体というもの自体を楽器にして、演奏します♪ だからこそ、体をいかに使うが大変重要なのです(^-^) ふらふらと重心を感じられない立ち方ではなく、足の裏に自身の体の重みを感 ...

合唱団の練習に向かう時♪

2016/5/29  

合唱団の練習で声を出す前に、会場への道のりを歩きながら、息の練習をしてみてください\(^o^)/もちろん、胸に力の入った「ハッ」みたいな吸気の練習ではなく、足の付け根あたりの下腹部からふぁ〜、ふぁ〜と ...

Copyright© 田川理穂のネット声楽レッスン教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.